一本歯下駄で走ることについて一本歯下駄ランナーが語ること

朝のお勤め、一本歯下駄ランニング

一本歯下駄ランナーは一本歯下駄で走る。

「なぜ一本歯下駄で走るの?」と聞かれても「じゃ、なぜ一本歯下駄で走らないの?」と逆に聞き返してしまいそうになることもしばしば(笑)。

一本歯下駄がカラダの一部と化してしまった…というような洒落た返答も可能かも知れない。

とにかく楽しいのである。面白いのである。

シューズでしか走らないランナーにはきっと永遠に理解できないであろう。

裸足やワラーチ、マンサンダルなどシューズ以外の手段で走るランナーなら少しは理解できると思う。

路面と足の間にあるスペースに何を持ってくるか?

私自身、これは壮大なレベルのジグソーパズルの最後のピースを埋めるより重要な問題であると確信している。

裸足なら何も悩む必要はない。ダイレクトに路面に足を置くだけで余分なものを持ってくる余地もないからだ。

シューズという密室に足を閉じ込めるという野蛮な行為は許しがたいというランナーだってきっといるはずだ。

一本歯下駄を履き始めた7年前、シューズで平坦なアスファルトの道を走っているだけではわからなかった(気づくこともなかった)事実を知ってしまったから、今や一本歯下駄は私のメインフットウェア。

本来、二本の脚で移動するということだけでも不安定な人間という存在。

そんな不安定さにさらに輪をかけて二本脚で立つことすら不安定にしてしまうのが一本歯下駄。

しかし、物事を単純に考えてみよう。

子供の頃、自転車という乗り物に初めて乗れるようになった時のことを思い出してみて欲しい(自転車に乗ったことのない人には申し訳ないけれど)。

二つの車輪の自転車に跨ってペダルに足を乗せる…その状態で静止し続けるのはなかなか難しい。なのに、ペダルを踏み出せば自転車はスイスイ前に進んでいく。

「何これ…!?」というあの感動と感激。

私を含め一本歯下駄ランナーも、初めて一本歯下駄を履いて歩き出した時に、そんな思いを感じたのではあるまいか。

不安定であるがゆえにカラダが自然と安定を求めていく。

不安定と安定の狭間にいることを楽しんでいるのが何か不思議なくらい楽しくなる。

数年前から一本歯下駄で山に入るようになった。

より不安定でリスキーなシチュエーションを、一本歯下駄とカラダが勝手に求めるようになるのである。

まるで、スリルを求めて冒険をする冒険家のように。

あるいは、勝ち負けそのものよりも、勝つか負けるかわからないワクワクドキドキ感を楽しむギャンブラーのように。

人は本来、安定よりも不安定を求める存在なのだ…と勝手に解釈してみたり…。

走り始めて今年で35年。既に、一本歯下駄を履く以前の自分とその走りをすっかり忘れかけてしまっている。

昨日も一本歯下駄で走った。今日も一本歯下駄でゆったりまったり走っている。明日もきっと一本歯下駄で走るだろう。走るに違いない。

特に最近、一本歯下駄で「走る」と言わず、「駆ける」という表現を好んで使っている。

シューズでは「走る」なのだろうけれど、一本歯下駄では「走る」というのはどうもふさわしくないと感じるのだ。

修験者たちの修行「奥駈け」では「駈ける」という表現を使っているが、それとは少し違ったニュアンスを持たせるべく「駆ける」を使うようにしている。

あまり科学的なことにはこだわらない。

100パーセント文系人間の私には、科学的・医学的な理論や理屈は時として重いものを感じる。

ただ、感覚、感じるものをひたすら大切にしたい、それだけである。

一本歯下駄をトレーニングに使っている方々の中には、筋肉の名前など難しい言葉をやたら使われる方もおられるけれど、正直私はそういうのは得意ではない。

一本歯下駄を履いてみて、一本歯下駄で走ってみて、感じるものがすべてである。

一本歯下駄を履いたその人が感じ取るものが正解である。

ここに書いたことも私個人が感じるものを言葉にしただけである。

私の世界では、五感でとらえられたものはすべてメッセージ。

ナチュラルに、ありのままあるがままを受け入れて、それをこの世界にフィードバックする。

一本歯下駄はそのためのツールであるということだ…知らんけど(笑)。

一本歯下駄で参加すると参加料が20パーセント割引されるエコマラソン。

moshicomからのエントリー限定です。申し込み時に次のコードを入力してください。

コード:geta21

第20回鴨川エコマラソン(丸太町):  https://moshicom.com/46797/

第8回淀川エコマラソン: https://moshicom.com/46811/

第1回足立エコマラソン: https://moshicom.com/48589

*YouTube動画リスト:一本歯下駄〜One-Tooth Geta

一本歯下駄クラブ(フェイスブック公開グループ)

*一本歯下駄の購入はこちらで…

一本歯下駄健康サロン

*ライター:

ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦

一本歯下駄を探究、みんなで深めて共有する一本歯下駄ラボ会員月々1000円。
一本歯下駄インストラクター資格習得の養成講座会員月々5000円。

詳細はこちら
高繁 勝彦

高繁 勝彦

走る旅人:「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。   大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。 妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。 楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」と“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 https://kaytaka.wixsite.com/kays-world/about 二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅、「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 2019年6月「PEACE RUN2019ヨーロッパランニングの旅 PART2」に向けて準備中。  2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼をお待ちしております。

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。