一本歯下駄と拾活

大阪府富田林市で拾活…右手後方にあるのはPL教団の大平和祈念塔、富田林市のシンボルと言うかランドマーク的存在。毎年8月1日にはPL花火芸術祭が行われる。

拾活(しゅうかつ)とはゴミを拾う活動なのだが、フェイスブック上の公開グループ“THE SWEEPERS”(スウィーパーズ)のメンバー宮崎の山口さんが考案した言葉。

毎朝走りながら自宅周辺のゴミを拾う活動を既に2000日以上連続されて取り組まれている。もはや拾活の神様的な存在。

この拾活、もちろん足元はシューズでも何でも構わないのだけれど、あえて一本歯下駄でやってみると面白い。

拾活する際にまずは立ち止まらないといけない。そして、トングを使わないで素手で拾うとなるとしゃがみ込む必要がある。

一本歯下駄を履いてしゃがむ姿勢は立ち止まる以上になかなか大変だ。

お祭りのあととか街なかで特にコンビニ周辺などではゴミは半端なく落ちている。

吸い殻、タバコの空き箱、ドリンク類の空き缶・ペットボトルなど…町はゴミで構成されているのではないかと思うくらい。

私自身、拾活を始めたのは6年前だけれど、山口さんのように毎日やっている訳でもない。

それでも、朝、一本歯下駄で拾活するのは気持ちがいい。

一本歯下駄を履いているおかげで声をかけてもらうこともしばしば。今暮らしている大阪府富田林市は特に高齢者も多く、フレンドリーな方々が到るところにいるようだ。

レジ袋ひとつあればいつでもどこでもできるのが拾活、ぜひ皆さんも一本歯下駄でトライ!!

一本歯下駄を履いて拾活…右手にトング、左手にレジ袋

 

勝彦高繁

走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMAN...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧