一本歯下駄×monoマガジン

宮崎要輔ブログ, その他・お知らせ


monoマガジンの今年の総特集合併号にてarucutoの一本歯下駄と製作を担当するぼくなりチームが紹介されています。
新製品から時代を読むという合併号テーマが嬉しいです。

image image

今回のmonoマガジンで紹介されているスポーツ工芸ブランドarucutoの新作一本歯下駄“SCAPPA (スキャッパ 素駆波)は機能性と伝統工芸品の美しさを追求した一本歯下駄です。

素材として美しいかどうかを職人の目で見極めた国内産の木材を使用し、職人の手で磨きをかけた美品に仕上げつつ、機能性は今まで何年も毎日のように一本歯下駄を履いてきた人ほど感動するものに仕上げました。

「履いたら思わず動きたくなる一本歯下駄です。」

何故「履いたら思わず動きたくなる」のか?

それは今まで眠っていた筋肉を目覚めさせる一本歯下駄の効果の中で250グラムという軽さによって素足よりも足が軽やかな感覚になるからです。

これによって従来の一本歯下駄とまた違った感覚をお楽しみいただけます。

※SCAPPA (スキャッパ 素駆波)という名前の由来は1970年代東ドイツで「スポーツは脳科学である」と定義され研究が進んだところからあります。

その研究の中で最も良い身体動作とは沼地から足を抜くように運ぶというところに現在辿り着いています。

最も良い身体動作とされるそうしたカッパのような素早い動きを身につけるための一本歯下駄として一本歯下駄SCAPPAという名称を名付けました。

「カッパが沼地を走るように陸上を素早く駆け抜ける」「素足感覚」を伝えていく一本歯下駄で身体の楽しさの探求は更にひろがっていきます。

ヨーロッパを一本歯下駄SCAPPAとともに横断したアドベンチャーランナー高繁勝彦さんのレビュー

……
10.5☓22センチという小ぶりなサイズ。

歯の厚さ18ミリ、歯の高さ9センチ(ゴムを付けて9.5センチ)台の一番薄い部分の厚さは2センチ。

鼻緒をつけた重さは片方約250グラムで超軽量。履いているのを忘れるくらい軽い!

強度を落とすことなく無駄な部分を見事なまでに削り取ったことで実現したこの軽量化。

曲線の美しさを要所要所に活かしたフォルムの美しさはもはや芸術品と言えるでしょう。

SCAPPAは余分な贅肉を削ぎ落としたボクサーのような一本歯下駄です。