野球関連の理論

ヒトとギアの関係が進化を進める

一本歯下駄イベントや日々の雑感から、トレーニングや理論、参考書籍の紹介をしています。

一本歯下駄イベントや日々の雑感から、トレーニングや理論、参考書籍の紹介をしています。

天才の光と影:栄光と挫折の狭間で 『天才が陥りやすい罠:才能の開花を阻む「悟りの境地」とは』

幼少期から才能を発揮し、「天才」と称される人々がいます。彼らは、生まれ持った才能によって、スポーツ、音楽、芸術など、様々な分野で目覚ましい成果を上げます。しかし、その才能は必ずしも開花するとは限りません。私は、イチローや松井秀喜といった野球少年なら誰もが好きなスーパースターよりも清原和博と落合博満が大好きでした。そこで少年時代に感じていた清原和博選手について文章化してみます。清原和博

三冠王と無冠の帝王、二人の天才は何が違ったのか?

三冠王と無冠の帝王、二人の天才は何が違ったのか?プロ野球の歴史に燦然と輝く二人の天才、落合博満と清原和博。最も好きなスポーツ選手はこの2人でした。一人は三度の三冠王に輝き、数々のタイトルを獲得した「三冠王」、もう一人はあと一歩のところで何度も栄光を逃した「無冠の帝王」。二人の間には、一体どのような違いがあったのでしょうか?才能、努力、そして「発想」の違いに迫り

TOP