一本歯下駄で走ることについて

一本歯下駄SCAPPAで河川敷の広場を走る…

一本歯下駄を履き始めてはや5年、一本歯下駄でごくたまにレースを走ることはあっても5キロや10キロ。

いつか一本歯下駄でフルマラソンを走ってみようと考えているけれど、そもそも速く走るということに対する興味関心が既に薄れてきてしまっている。

それは、一本歯下駄のおかげかもしれない。

その昔、一本歯下駄を使って山で修行していた修験者たちはきっと走るという概念は持っていなかったのだろう。

ただ、この不安定な履物で移動することだけに重点を置いていたのではないかと最近感じている。

朝日を浴びて一本歯下駄で大地を疾駆する

大地との一体感を得て、より研ぎ澄まされた感覚を得るために、あえて一本歯下駄を履いて山道を駈けていたのかもしれない。

それは時間や距離にこだわった競争でもない。

修行という名のもと、内なる自分自身と対峙し、自分自身をより高めることが目的だったのだろうか。

1300年の歴史を経て、トレイルを一本歯下駄で走りながら、一本歯下駄が持つあらゆる可能性を模索している。

とらわれない心と体で、常に自分自身をニュートラルにして、一本の道をゆったりまったり進んでいくことが何よりも今は幸せである。

一本歯下駄クラブが誕生して今日で5年め。

1300名あまりのメンバーと一本歯下駄の楽しさをシェアできる今に感謝感激感動!!

果てしなく自由である…一本歯下駄を履けば人はあらゆるものから解き放たれる

一本歯下駄クラブ(フェイスブック公開グループ)

*一本歯下駄の購入はこちらで…

一本歯下駄健康サロン

一本歯下駄トレーニングを習慣化。月々1000円のサブスクで継続可能なトレーニング‼︎

サブスク詳細をチェック
高繁 勝彦

高繁 勝彦

走る旅人:「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。   大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。 妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。 楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」と“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 https://kaytaka.wixsite.com/kays-world/about 二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅、「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 2019年6月「PEACE RUN2019ヨーロッパランニングの旅 PART2」に向けて準備中。  2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼をお待ちしております。

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。