HOSP月間開始

宮崎要輔ブログ, 京都ソーシャルビジネス


 

ついに本日の信頼デイから一ヶ月間HOSP月間が開始です。

この信頼デイ、核と鎮魂、希望の探求がそれぞれの合流の場として一ヶ月間、ソーシャルビジネスや持続可能をテーマとするイベント、団体が連携していきます。

 

そうしたHOSP月間で僕がオーガナイザーで進めていくのは下記になります。

ご興味、ご関心のあるいべんとがありましたら是非ご連絡ください。

① 11月21日19時 風伝館
「可視化の学び舎」

会議の可視化の手法として近年注目を浴びるファシリテーショングラフィックについて学ぶイベントです。ファシリテーショングラフィックの実践に興味のある方は是非。

② 11月25日8時30分  出水広場
「心技体を学ぶ親子スポーツ教室」

親子で参加可能な親子スポーツ教室では、一本歯下駄を取り入れて感性や感覚で捉えるための運動のポイントを共有します。運動上達のスポーツ教室であるとともに、家族や多世代で身体知を共有することでおきる場作りの場でもあります。

③ 11月26日13時  風伝館
「未来の育みの学び舎」

新卒一年目からずっと理想の教育に挑戦している学校教諭、運動指導者などがそれぞれの現場での実践の中で磨いてきた教育を共有する中から未来の教育を模索します。
理想と現実の間の中で、それでも理想に挑戦し続けたからこそみえてきた教育を題材に、次のアクションを生み出します。

④ 11月29日19時  風伝館
「森を見る力」

多くの社会事業家に影響を与えた書籍『森を見る力』を題材にしたビブリオバトル(書籍紹介バトル)から参加者でこれからの働き方と教育について意見交換を行います。
『森を見る力』読みましたという方や「未来はこうなる」と共有したい未来がある方、募集中です。

⑤ 11月30日13時 風伝館
「未来を育てる応援団

子育て、女性応援のプラットフォームとして産学官民全てのセクターで頼られている和歌山・奈良・滋賀・京都といった地域のそれぞれの代表者が一同に集まります。
各都道府県の違い、共通点、互いの問題意識から次の未来を互いに提案していきます。