一本歯下駄ご購入者の方々のご購入のお思い


こちらの投稿ではこれまで一本歯下駄をご購入されてきた方々のそれぞれのご購入動機を掲載させていただいております。

一本歯下駄をお考えの方はぜひご参考にしていただけましたら幸いです。

 

静岡県在住の小学生と中学生の子供を持つ親です。子供はクラブチームでサッカーをやっています。子供のサッカーのレベルアップの為に、色々とネットで調べていたところで、一本歯下駄の事を知りました。さらに調べている内に、一本歯下駄に興味が湧き、欲しくなり、このサイトにたどり着きました。子供達はサッカーを真剣に取り組んでいて、技術の進歩は感心させられます。しかしながら、身体能力的には、他の子と比べてもそんなに高い方ではなく、もう少し足が早ければと思っていました。また、サッカーの事を知れば知るほど、サッカーは足だけでやるスポーツではなく、全身を使うスポーツで、そのバランスがすごく重要だと、最近感じています。身体全体を使う感覚をこの一本歯下駄で覚えてくれたら、きっとサッカーでも効果があるんじゃないかと、思っています。 そこで一本歯下駄について又色々と調べて、こちらのサイトでも紹介されている、GETTAとこの標準タイプの一本歯下駄とどちらにしようか、とてもなやみました。結果として、子供はあまりトレーニングとして外でやりそうも無いことから、普通の標準タイプの歯が高い一本歯下駄で、家の中で遊び感覚でやり、最初は立つのも難しいかも知れませんが、立てるようになればそれだけでも楽しく感じて、さらに歩けるようになれば、もっと楽しんでもらえるんじゃないかなぁって思い、こちらのスタンダードタイプを注文させていただきました。また嫁とも相談して、もしかすると夫婦でも使えるのかなぁとも思っています。家族ともども楽しみにしているので、なるべく早く届く事を祈っています。 どうぞ宜しくお願いします。

 

 

一本歯下駄 をトレーニングに取り入れようとご購入を考えた理由はマラソンを中心にスポーツを続けていますが、若い頃から怪我が多くて困ってました。それでも無理をしながらも続けてきたのですが、年とともに無理がきかなくなってきています。いまもこれまで怪我したことないところを怪我して動けない日が続いています。まだまだ記録を伸ばしたい思いもあって、新しいトレーニングとして是非取り入れたいと思います。スキーなどのバランスが必要なスポーツにも良いかなと思うので是非お願いします。

 

私が一本歯の下駄の存在を知ったのは、幼い時に見たマンガの主人公が修行の際に履いていた事でした。 その時はこんなん履いて普通に歩けるわけがないと思い、空想上の履物で実際に存在するとは思っていませんでしたが、数年前から街中で時々一本歯の下駄を履いてる人を見かけるようになり、本当に履いている人が居ることに驚くと同時に興味を持ちました。 オリンピック金メダリストの小平奈緒選手が履いてトレーニングをしていると報道していたのを見たのと、これから暖かくなり履きやすい季節になるので、どんなものなのか調べてみたら体幹を鍛えることで腰痛の予防や猫背の改善、ダイエットなどに効果が期待できることを知りました。 ドラックストアに就職して接客するので姿勢が良い方が見栄えが良いので、猫背の改善と更に品出しで重たい物を持つ事があるので腰痛の予防との両方に効果がある可能性があるのなら、運動不足解消の為に日課している軽い運動をするときに履こうと思い買ってみようかと思いましたが、 履き続けて効果があれば、両親へのプレゼントやダイエットを考えてる人への紹介もしていこうと思っています。

 

一本歯下駄GETTAは、履いてトレーニングを行えるだけでなく、

手に付けた体幹トレーニング等の応用にも転用できる点に魅力を感じました。

散歩やウォーキングといった比較的負荷の少ない日常生活から、

ラダートレーニングやスクワットジャンプといった本格的に負荷を高めるトレーニングまで、

使用用途に合わせ気軽に使い分けができると感じております。

個人的には、スポーツを行う中で無意識に古傷をかばった姿勢や筋肉の使い方をしているため

筋肉疲労が著しく、今後の一本歯下駄GETTAの導入で、あるべきフォームへの改善を試み、

無駄な筋肉を使わず効率よく無意識的に本来の運動能力を引き出せることを期待しております。

また、小学生低学年の息子のふんばる力を育てるトレーニングにも役立てたいと考えております。

立ち姿勢、運動姿勢、走るフォームが悪く、もっているポテンシャルが

全く引き出されていないように感じます。現状における弱点に着目した筋力強化をはかり、

全身のバランス強化を促す必要があると判断しております。

外で遊ぶ環境が減ってしまい、この一年間で劇的に運動能力も低下しているのが顕著にみて取れます。

親子そろって遊びながらトレーニングをすることで、身体へのアプローチだけでなく、

親子の絆もより深めていけることを楽しみにしております。

 

 

私が一本下駄に興味を持ったのは某ブログを拝見していた時に知ってからです。
そのブログの紹介では一本下駄を履いて歩く、走る、ステップするだけで運動能力が開発されていくと、、、本当に!?
さっそく試してみようと思いネットで探してみたが、これが意外とお高い!
もっと安く購入できないかと探していたら「一本下駄で行う親子スポーツ教室というサイトに辿り着きました。
この教室に通えば下駄を買わなくても大丈夫じゃん!、、、と思ったのもつかの間
開催地、、京都、、大阪、、、関西やんけ~!!!家は千葉県なので絶対無理だ~
半分諦めモードだったけどよく見たら一本下駄の販売もしていて、しかもめっちゃ安いやつある!!!
きみにきめた~って感じでソク買いです。
うちは3兄弟みんなサッカーをやっているので今後が楽しみです^それもあって私は町クラブでコーチをやらせて頂いてるのですが
一本下駄トレーニングの効果がでたらチームでのトレーニングで使ってみよーかなーなんて考えてます。
遊びの中でどんどん運動能力が開発されていく夢のようなアイテムですね^^
うちの近くにも「一本下駄で行う親子スポーツ教室があったら良いのになー!!!

 

 

私は、テニスという競技をしています。

去年の夏まで試合もでていました。

また出場したいものの、カラダができてないので、でたらケガがまた増えるだけだと思っています。

3年前、試合で転倒して背中側の肋骨にヒビが入ってしまったのがキッカケです。そのあと中途半端に治りかけの時、ギックリ腰に。

その後もギックリを何度も繰り返しているうちに骨盤にズレができてしまったようです。

それか骨盤が先にズレてたからギックリになったのかなと。

右には走れるけど左はなかなか走りづらい感覚です。

両手抱えて背中を丸めてゴロゴロしたらまっすぐ転がれません。

でも、手術をするレベルではないとのこと。さらに腰をかばって、膝の半月板も危ういと診察されました。

骨盤を調整するストレッチ、体操、鍼、整体、マッサージ、いろいろ試みてはいます。勿論、痛くないとこは多少の筋トレもしていますが少し良くなったかなという手ごたえで、まだまだ理想とは遠い感じです。

と、他に何か対策はないものかとネットで調べたところ「一本歯下駄」にたどり着きました。

これなら、根本的なところから骨盤を調整できるかも!とピピピと予感(笑)

下半身の筋力も鍛えながら体幹などのバランスもとれることは今のわたしにとても重要なことなんですね。

もう諦めかけてる試合。でも、出たいという思いも捨てきれません。

ぜひ、一本歯下駄を使って右にも左にもさっと動けるカラダになりたいです。

 

 

私は今中学生に卓球を教えています。子供たちにただ卓球の技術だけを教えるのではなくて、どのようなスポーツにも応用できる体の使い方やそのトレーニング法を教えることができたらいいなと思い主にネットでどんなものがあるのか探しておりました。なぜかというと、今教えている卓球部の中学生の子供たちは初めは馬飛びさえまともにできなかったので、本当に体を動かすことから遠ざかっていると感じ、卓球だけでなく自分自身の体をうまく動かせるようになってほしいと思ったからです。そうして探しているなかに一本下駄をはいてトレーニングをされているスポーツ選手の動画をみてこんな方法があるのかと驚きました。そして、一本下駄トレーニングについて調べてみて、卓球はもちろんどんなスポーツにも応用できる体の使い方が身につくものはこれだと思いここにたどり着きました。しかし、実際に体験していないものを子供たちに進めることはできないのでまずは自分で実際に使用してその効果を感じたいと思いました。そして、自分で効果を確かめてから子供たちに使用させていきたいと思っています。願わくば、一本下駄トレーニングの効果を自分自身でしっかりと感じ取りその有用性を子供たちにも伝えることで、彼らの成長の手助けの一端にすることができたらとても嬉しく思いますし、そう願い購入させていただきたいと思います。

 

 

一本歯下駄に対する想い

もともと、私は小さいころから靴ではなく普通の下駄を愛用している。というのは、ゲゲゲの鬼太郎に憧れたからである。カランコロンと音を鳴らして町を歩き回るのがすきで、この気持ちは大人になっても変わらなかった。

その後、自宅の近くには、普通の下駄ではなく一本歯の下駄を履き慣らし、夜中でも犬の散歩を平然としてのける都市伝説のようなすごい人がいることを知った。その人の姿から、絵本などで見ていた山伏や修行僧の姿を重ね合わせてみたりもした。山伏たちが山野を歩く姿を想像しながら、自分も一本歯の下駄をいつか履きこなしてみたいという気持ちが強くなっていた。最近になり、そのことを思い出し、一本歯の下駄についてインターネットなどでいろいろ調べてみた。

今年の冬季オリンピックのスピードスケートの選手も、このような下駄を使用してレースに臨んでいることを新聞で読んだことがある。レースの直前に活用し、それがあのようなすばらしい成果を上げていること、また一本歯の下駄についてトレーニングなどの研究もなされていることにも感心した。

この下駄の効果は体力やバランス感覚を育てることはもちろんであるが、精神力、集中力を鍛えることにあると考える。これからのストレスの多い社会を生き抜いていくためには、心と体の鍛錬が欠かせない。そのように考えているところに、一本歯の下駄のすばらしさが分かる。今後、自分が愛用するのはもちろんだが、自分が使いこなすことによってその効果を多くの人に広めていく。その結果、多くの人が愛用し、健康な社会が実現していくことを夢見ている。

 

 

はじめまして。小学3年生の息子を持つ母です。主人も私も足が速かったという遺伝もあってか、息子も今は学年で一番です。が、体幹がかなり弱く、このままでは6年連続リレー選という夢が叶うかどうか…。それ以前に、座る姿勢が悪く、どうにかしたいと日々悩んでおり、トランポリンを購入したり、体幹を鍛えるという本&DVDも参考にしていますが、なかなか改善されず…。そんな中、M高史さんというアスリート芸人さんの走り方教室に参加した際に、一本歯下駄がよいと勧められました。が、何社か作られているようで、どれがいいのか分からず…。そんな中、親子スポーツ教室も開催されているという、こちらの商品に辿り着きました。商品にも、使用方法にも信頼が持てた為、購入致します。5月の終わりには運動会があり、今年は低学年リレーのアンカーとなります。グラウンド半周から一周になり、徒競走も昨年の50メートルから80メートルに延びました。毎年、予選は学年一なのに、なぜか徒競走では結果が残せていません。体幹を鍛え、前傾姿勢で走ることができるようになれば、もっと速くなれるのに…と思いながらも、なかなか素人の指導では持っている以上の力を出してやることは難しく。もっと速くなることで、心に余裕を持ち、本番で身体に無駄な力が入らないよう、自信をつけてやりたい。私はど田舎出身だった為、陸上教室も特別な指導も受けていません。ただ自分の力だけで小学生の時に郡予選1位、本番2位という結果を残しました。(県大会には学校の都合で出場できず…。)実は練習の際に向かいの中学の校長(陸上をやられていた方)が、『きちんと指導すれば県で3位以内にしてやる。指導させてほしい。』と、小学校の担当教師に言ったのですが、その教師は許否…。あの時、指導してもらえていれば、、、もっと速くなれたハズという想いが強く残っています。チャンスはあったのだから。その悔しさもあり、息子の可能性を伸ばしてやりたいと思う気持ちに繋がっています。陸上選手にするつもりはありませんが、学校での絶対的ナンバーワンを目指し、一本歯下駄の力を借りて、速くなるよう支えてやりたいと思っています。残念ながら親子スポーツ教室に参加できない為、動画なども拝見して、参考にさせて頂きます。

 

一、二週間ほど前に一本歯下駄を購入しました。

購入した一本歯下駄をサッカーをしている小学生二年生の子供にとりあえず家の中ではかせています。

今週の月曜日に、サッカーのコーンドリブルの練習をみていましたら、あきらかに動きがかわっていました。いままではすごく体に力が入っていてカクカクした動きでしたが、動きがすごくスムーズになっていました。
子供に聞いてみると(足が軽くなった天狗下駄のおかげ)といっていました。
これからはもう少し、子供の動きの様子を見つつ、いろいろな一本歯下駄トレーニングをやらしていこうかなと思っています。

 

 

 

息子が野球をやっています。ピッチャーをやっているのですが体が硬く下半身を使う事が出来ず上半身のみで投げてるような感じですので肘が痛くなったりと怪我が多くて困っています。 「下半身を使う事が出来るようになったらもっと良いピッチングが出来るのに」と言われるのですが実際どうやったら下半身を使えるようになるのか?親子共々悩んでいます。 動画等でストレッチもしてみてるものの子供ですからやはり楽しくないと続きません。 そんな時、アイススケートが下半身を鍛えるのに良いと聞いたのですがリンクが近くに無く そんな時TVでスピードスケートの小平選手がこの一本歯下駄を使ってトレーニングをする様子を見ました。一目見て「これだ」と思いすぐにあちこち調べましたが今回お安くHPから購入出来ると知り藁にもすがる思いで購入を決めました。 この一本歯下駄でトレーニングし下半身を使えるようになって怪我無く良いピッチングが出来るようになるよう期待します。

 

 

一本歯下駄GETTAは、履いてトレーニングを行えるだけでなく、

手に付けた体幹トレーニング等の応用にも転用できる点に魅力を感じました。

散歩やウォーキングといった比較的負荷の少ない日常生活から、

ラダートレーニングやスクワットジャンプといった本格的に負荷を高めるトレーニングまで、

使用用途に合わせ気軽に使い分けができると感じております。

個人的には、スポーツを行う中で無意識に古傷をかばった姿勢や筋肉の使い方をしているため

筋肉疲労が著しく、今後の一本歯下駄GETTAの導入で、あるべきフォームへの改善を試み、

無駄な筋肉を使わず効率よく無意識的に本来の運動能力を引き出せることを期待しております。

また、小学生低学年の息子のふんばる力を育てるトレーニングにも役立てたいと考えております。

立ち姿勢、運動姿勢、走るフォームが悪く、もっているポテンシャルが

全く引き出されていないように感じます。現状における弱点に着目した筋力強化をはかり、

全身のバランス強化を促す必要があると判断しております。

外で遊ぶ環境が減ってしまい、この一年間で劇的に運動能力も低下しているのが顕著にみて取れます。

親子そろって遊びながらトレーニングをすることで、身体へのアプローチだけでなく、

親子の絆もより深めていけることを楽しみにしております。


ピックアップ記事

関連記事一覧