京北ふるさと祭りでの一本歯下駄

11月3日は京北ふるさと祭りでした。

京北ふるさと祭りでは鹿肉の串カツに丹波牛バーガー、マグロの解体からの即時直売と山の幸、海の幸を本当に楽しめます。

京北は大阪市の面積で人口5000人、鹿は7000頭の里山です。

image

今年も一本歯下駄体験ブースを出しましたが子ども達に本当に人気です。

一本歯下駄を履いた子どもが履いた後に走ってみると本当に足が速くなっていてその時の子どもの表情の変化が本当に豊かです。

 

image

少し時間に余裕ができた時は一本歯下駄を履いて色んなブースを覗きますが一本歯下駄を履いていることで会話は本当にはずんでいきます。

全国各地のお祭りで一本歯下駄ブースがあるのが当たり前になっていったら子どもだけでなく、地域の大人達もよりお祭りを楽しめるようになっていくかもしれません。

 

 

一本歯下駄を探究、みんなで深めて共有する一本歯下駄ラボ会員月々1000円。
一本歯下駄インストラクター資格習得の養成講座会員月々5000円。

詳細はこちら

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。