岩隈久志投手は何が凄いのか?キレのあるボールの投げ方

永遠の野球少年へ, 大腰筋研究所, 宮崎要輔ブログ


今年、メジャーリーグでノーヒットノーランも達成し来年の活躍が楽しみな選手といえば岩隈久志投手です。

今回はマリナーズと最大3年55億円の契約を結んだ岩隈投手は何が凄いのか、そこからみえてくるキレのあるボールの投げ方について書いていこうと思います。

「プロ野球選手になる」という強い気持ちを持った高校生、大学生の投手を指導する時に大切にしていることが球速よりも最初はボールの質を上げていくことです。

130キロ後半から140キロ前半のボールを投げる彼らの球質は一ヶ月で大きく変わっていきます。

一ヶ月後に選手に変化について質問をすると
「全力投球での最高球速を軽く投げる感覚でどんどん投げられるようになった(球速は変わらない)」という答えが返ってきます。

こうした投球の余裕がキレとコントロールにつながり、球速はトレーニングとともに伸びるようになっていきます。

岩隈投手の凄いところはこの投球の余裕を球速150キロをこえる高い次元で備えているところです。
軽く投げる感覚で最高球速を出すことが出来る。
これがキレ、スピード、コントロールを高いレベルで持つ岩隈投手の凄さの秘訣です。

岩隈投手といえば上体に関していうとうちわトレーニングを誰よりも欠かさず積み重ねてきた選手です。

このローテーターカフの動きを向上させるトレーニングがムチのようにしなる腕をつくり、キレのあるボールを生み出す上体においての原動力の一つとなっています。

そして今回言及したいのは何よりも岩隈投手の投球フォームにおける立ち方です。

岩隈久志

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真1)
実は岩隈投手の投球フォームは腸腰筋を常に使い、鍛えていくことができる投げ方をしています。

桐生選手が練習すればするほど足が速くなる動きをしていたように岩隈投手もまた、投げれば投げるほど投球能力があがる投げ方をしていたのです。

 

近鉄時代の投球フォームが特にわかりやすいかと思います。

岩隈久志 近鉄時代

 

 

 

 

 

 

 

(写真2)
他の多くの投手が軸足の真ん中を軸にして立つ所を腸骨筋を軸にしたかたちで腕を下に降ろして近鉄時代の岩隈投手は最初のポジションを取ります。
またこのポジションにて軸足の逆足を上げ下ろしすることは腸骨筋を刺激していくのでその後の岩隈投手の活躍に納得がいきます。

岩隈投手のように腸骨筋が使えている投手は踏み出した足の膝が内側にロックされて流れにくい所も特徴です。

 

これが投球のフィニッシュの形につながり、ボールのキレにもまたつながっていきます。

 

岩隈投手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真3)

 

冒頭のプロ野球を目指す高校生、大学生投手達が一ヶ月目に取り組んだトレーニングも普段のトレーニングにCの字足振りをはじめとした腸骨筋を鍛えていくトレーニングをたしただけです。

その後、肩甲骨、股関節周り、体幹の連動性をあげていくトレーニングをしていくことで球速をあげていきます。

投球におけるボールのキレをあげるというと手首や指先でのスナップ、ボールに伝える回転数のイメージがどうしても強いですが、「軸足の押す」「踏み出す足の受け取る」という部分に大きく関係してくる腸骨筋もまた、ボールのキレにおいてとても大きな役割を担っていると思われます。