一本歯下駄フェスタ@インテックス大阪

高繁勝彦ブログ


一本歯下駄フェスタに集まった一本歯下駄フリーク達

 

もう何度目になるのだろう?大阪での一本歯下駄フェスタ…。

誰のためのイベントか?

もちろんそれは、すべての人のため…

一本歯下駄の存在を知らない人にはぜひとも履いて歩いてもらって笑顔になってもらうため。

宇宙と繋がる魔法のフットウェア(履物)、それが一本歯下駄。

第7回大阪マラソンの前日受付会場となるインテックス大阪前で20名ばかりの一本歯下駄フリークが集結した。

ランナーが大半ではあるが、もちろんランナーばかりではない。

このヘンな人たちの集まりを見て、また人が集まり群がる奇異な光景。

物珍しさに好奇心を掻き立てられる人がやはりいる。

そして、言われるままに一本歯下駄を履いてみる…

履く人を必ず笑顔にするのは言うまでもない。

 

一本歯下駄の「輪」…音を同じくする「和」は平和の「和」、調和の「和」。みんながつながる、みんなとつながることで輪から和が生まれる。

 

オリンピックレベルのアスリートたちも取り入れている一本歯下駄、メディアに取り上げられる頻度も増えては来ているものの、それとは別に、庶民レベルで多くの方々に広める活動に取り組むのが一本歯下駄クラブ。

一本歯下駄の持つ楽しさ・面白さをシェアしながら、一本歯下駄で人々を笑顔に、世界を平和にすることができれば…。

そんな思いでさらなる一本歯下駄ファンを増やしていきたい。

 

 

*このイベントの詳細レポートはこちら