希望の探求 HOSP月間

京都ソーシャルビジネス


\12/10(日) 国立京都国際会館/【持続可能な未来創造を考える 『地球未来シンポジウム2017「希望の探求」』開催!】

2017年12月10日(日)、国立京都国際会館にて【地球未来シンポジウム2017「希望の探求」】が開催されます。

地球環境問題や精神的飢餓ともいえる孤独の蔓延など、多くの社会課題を抱える現代において、人類はどのように持続可能な未来を創造していくのか?これまでの時代背景や歴史を紐解きながら、新たな時代を創る哲学・テクノロジー等をキーワードに、持続可能な未来創造について多くの専門家を交えた議論が展開されます。
弊財団も協賛として本シンポジウムの開催を応援しています。ぜひご参加ください!

●イベント概要(以下Webサイトより)
世界的な人口増加による食糧・資源の枯渇、戦争・テロによる国際的な争い、人口減少により収縮していく国内経済・・・。近代が生み出した多くの社会課題を解決し、持続可能な未来を創造するために必要な哲学とは、技術とは、社会システムとは、どのようなものでしょうか?

20年前に地球温暖化に関する人類史上初の国際的な約束「京都議定書」が採択された国立京都国際会館を舞台に、「時代を知り、未来を読む目」を持つ専門家が一堂に会します。文明・哲学・テクノロジー・事業構想をキーワードに、異業種のトップランナーが具体的な事例や取り組みを交えながら、「未来」と「希望」について徹底的に議論します。

未来を見通す視座が求められる事業家はもちろん、持続的な地域社会の在り方を模索する自治体関係者やソーシャルビジネスに興味のある学生の皆様にも、ぜひご参加いただきたいシンポジウムです。

●日時
2017年12月10日(日) 11:00~17:00(開場 10:30)

●会場
国立京都国際会館 Room D
(〒606-0001京都市左京区岩倉大鷺町422番地)

●対象
・未来を見通す視座が求められる事業家やビジネスパーソン
・持続的な地域社会の在り方を模索する自治体関係者
・ソーシャルビジネスに興味のある学生
・社会課題の解決や未来創造に関心のある地域の方々 など

●定員
200名

●参加費
無料

●プログラム

【オープニングトーク】 遥かなる地球の未来を描けるか?
アミタホールディングス(株) 代表取締役会長  熊野 英介

【セッション1】 文明が転換する大きな音が聞こえるか?
日本未来学会 会長 公文 俊平氏
立命館大学 教授 東島 誠氏
(一社)未来医療研究機構 代表理事 長谷川 敏彦氏
日本未来学会 事務局長 和田 雄志氏※モデレーター

【セッション2】テクノロジーは真の幸福をもたらすか?
能楽師  安田 登氏
(合)SARR 代表執行社員 松田 一敬氏
東北大学 大学院国際文化研究科 准教授 佐藤 正弘氏
アミタホールディングス(株) 代表取締役会長 熊野 英介※モデレーター

【スペシャルメッセージ】京都から新たな時代の哲学・文明を
京都市長 門川 大作氏

【セッション3】未来開拓者が震わす時代の鼓動を感じるか?
(一財)地域公共人材開発機構 代表理事 新川 達郎氏
京都市ソーシャルイノベーション研究所 所長 大室 悦賀氏
(公財)信頼資本財団 理事 岡村 充泰氏
(公財)京都地域創造基金 理事長 深尾 昌峰氏※モデレーター

【セッション4】事業家は未来を形にできるのか?
鈴廣かまぼこ(株) 副社長 鈴木 悌介氏

【ファイナルトーク】希望は、我らの心にある
宮城県南三陸町の方々(調整中)
アミタホールディングス(株) 代表取締役会長 熊野 英介

●主催
地球未来シンポジウム実行委員会(日本未来学会、持続可能経済協会、アミタグループ)

●後援
京都府
京都市
京都新聞
日報ビジネス(株)

●協賛
(公財)京都地域創造基金
(一財)地域公共人材開発機構
(一社)ソーシャルビジネス・ネットワーク
(公財)信頼資本財団
(一社)KYOTOGRAPHIE
●詳細・お申込み
以下のシンポジウムwebサイトをご参照ください。
≪webサイト≫
https://www.earth-future.net/?utm=shinrai

≪Facebookページ≫
https://goo.gl/1gbbdP