ソーシャルアスリートイベント

宮崎要輔ブログ, 京都ソーシャルビジネス


いつも一本歯下駄を履いてくださっている北京オリンピック女子マラソン代表の中村友梨香さんを講師にお招きしたイベントを京都府京の公共人材大賞の今年度第一回のイベントとして開催します。

一本歯下駄GETTAを自身のランニング講座でもお使いされています中村友梨香さんのソーシャルビジネスやソーシャルインクルージョンへの視点にふれていただけたら幸いです。

 

 

 

シンライトミライノ芽×わくわく塾

今年度最初の京都府京の公共人材大賞イベントは北京オリンピック女子マラソン 日本女子代表中村友梨香さんによる特別講座です。

今回のゲストである中村友梨香さんは、日本女子マラソン界が最も強かった2000年代中頃、高橋尚子さんを初め、アテネオリンピック7位入賞の坂本直子さんなど有力選手に勝利して野口みずきさん、土佐礼子さんとともに北京オリンピック女子マラソン代表に選ばれ世界13位に入った方です。
世界陸上ベルリン大会では5000mで12位、10000mでは今ではとても考えれれない7位入賞と日本人では数少ないトラック種目とマラソンの両方で世界のトップレベルで勝負してきたオリンピアンです。

 

そんな中村さんは、陸上を教える仕事に就いたことで色んな世界を知りたいと思うようになったそうです。

自身の選手としての競技生活を振り返った中で、ずっと陸上漬けという生活の人間より、色んな世界を知っている人が陸上を教えれるようになりたいという気持ちからでした。

現在は朝原宣治さん主催のNOBYなどの活動を通して地域づくりなどにも取り組まれています。

中村さんとお話ししているとオリンピックや世界陸上で世界で戦ってきたアスリートならではの地域活性化やソーシャルビジネスの視点を感じます。

世界で戦ってきたトップアスリートの特徴の一つに疑問に思える感性の高さがあるように思います。

そしてそこに触れることはスポーツに限らず地域づくりや教育においてとても大切な羅針盤として残るような気がします。

オリンピアンである中村さんの感じている視点と是非京都の地域づくり、ソーシャルビジネスの担い手の方々の視点がクロスする場に今回の会がなればと思います。

開催日時:2017年7月30日(日)17時半受付、18時開始
開催場所:遊子庵(室町御池上ル西側町家)
参加費:【一部/講座】
一般参加1500円
学生参加1000円
【二部/交流会】
1000円
*交流会のみご参加は2500円
お申込み:kokyojinzai@gmail.com
080-6209- 0797(高嶋)

講師プロフィール
中村友梨香さん

1986年京都府福知山市生まれ兵庫県西宮市育ち。
県立西宮高校を卒業後、2004年に天満屋に入社。
2008年名古屋国際女子マラソンにて2時間25分51秒で、初マラソンにして優勝。
同年、北京五輪に出場。翌年の世界陸上ベルリン大会10000mにて7位入賞。
2014年3月に現役を退き、現在は関西、名古屋を中心に市民ランナーのランニング指導者として活動中。

コーディネーター:宮崎要輔さん(スポーツ工芸ブランドarucuto)

 

主催:「京の公共人材」実行委員会、地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会
(参画団体=研究会共催団体:京都府、京都文教大学フィールドリサーチオフィス、
コミュニティデザイン研究室、一般社団法人京都府北部地域・大学連携機構、
NPO法人京都丹波・丹後ネットワーク、NPO法人まちづくりねっと・うじ、NPO 法人AS.Laranja
般財団法人地域公共人材開発機構、NPO法人テダス、NPO法人遊プロジェクト京都)

共 催: 京都府立大学京都地域未来創造センター
協力企業;京都信用金庫、アミタホールディングス株式会社、信頼資本財団、風呂敷専
門店・唐草屋、株式会社大垣書店、株式会社アクティベイト

問い合わせ:地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会事務局