一本歯下駄ランナーが集まる春日井絆マラソン

高繁勝彦ブログ


愛知県春日井市の春日井自動車学校で開催された春日井絆マラソンも今年で4回め。

自動車学校内の教習コースを使った1.2キロ特設コースをチームで走る2.5時間のリレーマラソンであると同時に、東北と熊本の被災地復興支援を謳うチャリティマラソン。

2年ほど前から一本歯下駄ランナーがやたら増えてきたのは…

私アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦がゲストランナーとして4年前から参加しているのだけれど、一本歯下駄を履く仲間たち数名と参加する中で、この会場に一本歯下駄を持ち込んで、多くのランナーに履かせてあげたらいつの間にか一本歯下駄ランナーが増殖していったということ(笑)。

外来種を日本に持ち込んで放置してたら自然繁殖して収拾がつかなくなったのと良く似ている。

今回は一本歯下駄ランナーだけでなく、裸足ランナーやワラーチランナーも多数参加。

コスプレランナーたちもかなり多く、普通のランニングウェアとランニングシューズで走っているランナーの方が少なかったのではと思わされるありさま。

私がリーダーを務める「チーム絆」は、リレーマラソンに参加したいけどチームが作れない単独参加の方々を受け入れて構成されたチーム。一本歯下駄を見たことも聞いたこともないという方々がいればまずは一本歯下駄を履いてもらうのだが、いつの間にか一本歯下駄を履きっぱなしで気がつけば一本歯下駄を履いてリレーマラソンの周回コースを走っている…絆マラソンではよく見られる風景である。

開会式で一本歯下駄の紹介をしたことで、大会の合間にも一本歯下駄を体験したいというランナーが入れ代わり立ち代わりあらわれる。

「何これ?楽しすぎるわ!」

「えっ!マジ?やばい!!これ絶対欲しい!!」

「こんな面白いものがあったなんて!」

といった声が何人ものランナーの口から聞かれるたびに、この世界は一本歯下駄で平和になっていくのか…と一人ほくそ笑む私…。

いつもいつも、絆マラソンに参加するごとに新たな仲間とつながり、一本歯下駄を通じて平和な世界が広がっていく…

チーム絆…別名チーム一本歯下駄は個性豊かな9名のランナーで構成されている

 

一本歯下駄クラブ(フェイスブック公開グループ)

 

*この日のレポートはこちら