社会の変化に対して一本歯下駄ができること

宮崎要輔ブログ


運動会シーズンのこの二ヶ月は全国色んな地域から相談のお電話をもらいます。
3日に一回ぐらいで1時間ぐらいの電話をいただきます。

それほど、社会の変化と子ども達の変化、それにともなった子ども達の身体の変化がある中で病院や学校、様々な教育現場にその変化を伝えきれていない自分の歩みの遅さに申し訳なさでいっぱいになったりしています。

僕の場合は幼児、小学校低学年、高学年、中学生、高校生、20代、30代、40代、50代、60代、70代と全ての世代で6年以上毎週みさせていただいている方がいる、一人の6年間の変化をこれらの世代でふれているというのが財産になっています。

そうした異なる世代間で同じトレーニングをしていく中でそれぞれでの会話からまた次のトレーニングが生まれています。

そうした財産が今まで頑張ることに意味を見出せなかった子どもが「最高の笑顔」に変わる瞬間をみせてくれます。

80代から健康ではなく成長を楽しんでいく環境をつくってくれます。

 

そしてやっぱりそうした社会の変化の中で全国各地でそんな環境をつくっていけるアイテムが一本歯下駄だと思っています。

下記のような事例には一本歯下駄GETTAが本当に役立ってくれますし、大人の腰痛には後ろ一本歯下駄MUSASHIが活躍してくれます。

………

宮崎要輔さま

先程は、ご丁寧に申し込みメールの返信をくださいまして、ありがとうございました。

今回申し込みさせていただいた8才の息子は、
保育園の時になかなかジャンプができなかったことから、
足に障害がないかどうかということを先生が心配して、
念のため医師に診せるように言われました。
診てもらったところ、うーんと考え込み、内股ではあるが個性の範囲でしょう、という診断でした。

本人はのんびりした性格のせいか、あまり外で遊びたがらず、
小学3年生ですが、自転車もいつかは乗れるだろうという感じで
学校の体育の授業や運動会でも、かけっこが速くなりたいとはそんなに思っていないようでした。

今日、運動会がありまして、
速く走れるようになりたい、練習をしたい、と、
彼が希望し、インターネット検索で親子スポーツ教室さんのサイトにたどり着きました。
本人がやる気になっている今がチャンスなので、
教室をきっかけに、身体を動かす楽しさを味わってほしいです。

体験教室を楽しみにしています。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。