【野球の動きで腸骨筋を鍛える二人のメジャーリーガー】

永遠の野球少年へ, 大腰筋研究所, 宮崎要輔ブログ


【野球の動きで腸骨筋を鍛える二人のメジャーリーガー】
「投手もバッターも互いに胸を相手に向ける時間をどれだけ遅くできるかに勝負のポイントがある」

image image

 

 

という野球論を持っているのがイチロー選手だ。
イチロー選手は素振りをするときに常にそこに拘っている。
決して試合の打撃でその動きにならなくとも彼の意識として持ちたい理想で素振りを続ける。
そして胸を相手に向けない、みせない素振りによって結果的に腸骨筋などの重要な筋群も鍛えることができている。
初動負荷トレーニングをはじめとしたトレーニングの他にも基礎トレーニングの中にある彼の野球論とその理想のカタチが結果的に彼の長い現役生活を支えるための重要部分を鍛えている。
投手であれば岩隈投手の特に近鉄時代の利き腕を真下に下ろした状態での二段階モーションによる投球動作は腸骨筋を投球動作ごとに刺激することができる動きだった。

image
投手だけでなくコントロールに悩む選手はキャッチボール時にこの岩隈投手の昔の投球動作を取り入れることで安定感あるコントロールの感覚が掴めてくる。
世界で活躍する選手は何気ない動作の中にこうしたことがよくおこっている。
才能は何気ない動作の中に潜む。

 

腸骨筋を鍛えることが出来る一本歯下駄が一本歯下駄GETTAスピードリミテッドになります。