一本歯下駄会議

宮崎要輔ブログ


本日は松井秀喜さんや金本知憲さんをはじめイチロー選手や山田哲人選手といった多くの選手からトレーニングと治療の双方で支持されている小波津先生の事務所にお伺いしました。
http://www.kohatsu.net/media.html
小波津先生との御縁は小波津先生がWEB上にある僕の記事を読んでくださりそこから小波津先生が連絡をくれて、毎月第3土曜日に天満橋での講座に参加していただいたところからはじまります。
そうした小波津先生の人としての姿勢に本当に僕は驚いてばかりです。
こんなに立派な方が今なお現場だけでなく外でも、自分からでも学ぼうとしている姿には動かされます。
今日はそれぞれのタイプの一本歯下駄の特性の話、特性からくる使う場面と効果の話。
(走る、投げる、打つ、どんな場面でどのような目的で使うかなど)
一本歯下駄×トランポリンの話に、サッカー選手、野球選手向けのトレーニングについて。

小波津先生との一本歯下駄会議は本当に面白いです。
緩むべきと力を入れたほうがいい時、
腰を入れるを取り入れたバッティング論、投球論、バットの持ち方
小波津先生が松井秀喜選手を指導した際のバッティング論、イチロー選手を指導した際でのお二人の比較や違いの話。
そして今後の理想の話などを共有していきました。
途中、一本歯下駄を履きこなすし朝日放送のマスコットキャラえびしーくんの体操のお姉さんもつとめる天晴レ天女ズのお二人も合流して松井秀喜選手がヤンキースでワールドシリーズMVPをとった時期に実際に使っていたバットや帽子、記念フィギュア、イチロー選手のアップシューズ、金本知憲選手が引退時に小波津先生に贈られたペン、先日リオオリンピックで銅メダルの報告に三宅宏実選手が訪れた際のサイン色紙まで手にとらせていただきました。
松井秀喜選手のバットは重心のバランスが僕にとっても本当にしっくりくるもので、握るとしあわせな気分になりました。

 

 

 

image image image image image