一本歯下駄とすり足動作

宮崎要輔ブログ, その他・お知らせ


一本歯下駄とすり足動作
この4年間能楽師の大江さんとの何気ないランチタイムは僕にとって仮説を一つ一つ検証していきながらそこから新たな仮説を生み出したり、トレーニングや理論を構築していく時間になっています。

ウサインボルトやタイソンゲイのトップスピードの時の腰の入り方や骨盤のポジションと能楽師が舞台に立つ時の腰の入り方、骨盤のポジションは非常に近い。

対してこの20年黒人選手と日本人選手のスプリント能力の差の理由の一つとして骨盤の前傾、後傾をいわれてきた。

ただ、能をはじめ日本の伝統芸能の分野においてその骨盤のポジションを日本人はそのいっときほぼ同じ状態にしている。

ここに今後のプレイヤーの可能性がある。

そうした部分を何気ない会話の中からすり合わせていく。

時には僕の持っている丹田への力の入れ方を大江さんにお伝えすることで能の指導現場、伝統芸能の現場でも確かなものなのかを検証してもらう。

「先日の方法、力の入り方を伝えるのにとても重宝していますよ」といってもらった日には僕の指導現場での導入率もあがっていく。

Aの仮説からBの仮説、Cの仮説でなければDかもしれないということが何気ない会話からたくさんひろがっていく。

能のすり足をする時は骨盤が立つ、この時大腰筋と腰の力の入り方はかなりのものになる。

では能楽師の方々は腰痛がないかというと腰痛は結構あるらしい。

こうしたところからも大腰筋だけでなく、腸骨筋へのアプローチもいれないと筋肉は緩まないこと、緊張させた腰への解緊の必要性もみえてくる。

まわりの能楽師さんの歳の取り方から生徒さんの変化の質問から色んな仮説もふくらませていく。

面をつけて舞台に立つとき、視野は極限までせばまり遠近感といった距離感をつかむ能力に誤作動が起き平衡感覚が崩れるからこそ視覚ではなく足裏で感じ取ることで見渡す。
木目を足裏で感じ取ることで自分の立ち位置を把握する。

それでいて客席の人々に「自分と舞台にいるモノは別物」として認識されるように生身の人間になってはいけない。

能の話を聞けば聞くほど荒川修作や西岡常一といった人々のの世界観と色んなところがリンクしていって本当に愉しい。

10月1日にはそんな大江さんを人口80人の京都の秘境多久にむかえて能についてのワークショップと囲んでの食事をします。

自然の中で死生観とも密接にリンクする能に親しむことで感じることを共有できればと思います。

 

 

https://www.facebook.com/events/1764595093799253/?ti=icl