2016年8月一本歯下駄GETTAレビュー

最近いただいた一本歯下駄GETTAレビューメールです。
レビューにもありますがGETTAとビブラムファイブフィンガーズの組み合わせは足本来の力ってこんなにあったのかと実感することができ個人的にも気に入っています。

・・・・
スポーツ工芸ブランドarucuto 様
おはようございます、先だってGETTAスピードリミテッドを
購入させていただきました◯◯です。
いろいろと使い方をご教示くださいまして、ありがとうございます。

私は、以前は猫背のO脚でしたが、
日々の立ち姿勢、く姿勢を意識してウォーキングを始めてみたところ、
姿勢は改善しましたし、姿勢が変わると、
筋肉の付き方も代わってくることを実感しました。
その後、ランニングも始め、
現在、足指トレーニング、裸足(裸足感覚)ランニングをはじめて2年程になります。
日頃、外出やランニング時は、ビブラムファイブフィンガーズを基本にしながら、
たまに、裸足ランニングをしてきました。
ビブラムにしても、裸足ランニングにしても、
確かに、シューズを履いた時とは違い、だいぶ足に負担の少ない走りになった気がします。
しかし、よく体幹を使って走れとか、丹田を意識して走れ等と言われますが、
まだまだその領域に至るにはまだまだ修行が必要だなーと思っています。

そんな時に、以前から気になっていた
一本歯下駄のトレーニングを取り入れたいと考えて、
ネットで探していた所、arucuto様のサイトに行き着きました。
よく知られている一本歯下駄は、歯が高いので、
これで歩いたり、走ったりするのには、不安がありましたが、
GETTAスピードリミテッドは、歯が低く、
しかも体幹を意識して走るフォーム改善には向いていそうなので、
購入した次第です。
まだ履き始めて日は浅いですが、効果は絶大という実感です。
最初は、ふくらはぎがはりましたが、
「かかとを踏む」というアドバイスに基づいて、
着地を意識したところ、今ではふくらはぎがはるような感じはなくなりました。
現在、週に3~4日程度、1日5キロから14キロ程度走ったり、ウォーキングをしたりしています。
GETTAを履いている時はもちろん、ビブラムに履き替えたり、裸足になった時に、
GETTAを履いている時と同じ感覚が持続するので、
少しずつ体幹を意識した走りができるようになってきたのではないかと実感しています。
少なくとも歩く感じが変わったなと強く感じています。

以上、長文ですみませんが、試用してみても感想です。
改めまして、このようなすばらしい製品を開発してくださいまして、
本当にありがとうございました。
今後も、いろいろとトレーニングの幅を広げて、
更なる姿勢改善やフォーム改善につなげていきたいと思います。

 

 

【OL女性用のなりたい身体になるためのトレーニング】

一本歯下駄は体重の減量だけでなく、しなやかさにアプローチできます。
ただ痩せるよりもしなやかに姿勢良く身体をリニューアルしていきましょう。

トレーニングやダイエットが上手くいかない、続かない方へ

歪みのある状態でトレーニングを行っても、負荷がかかり、筋のバランスの悪い発達を促してしまう可能性があります。 一本歯下駄は身体のクセとしてあまり機能していなかった筋肉を使うしかない環境をつくり関節の歪みを修正し、適切な関節を持続させ、 からだのパフォーマンス向上、その後のトレーニング効果を高めることにつなげることができます。

一本歯下駄は歪んだ状態で固まった筋肉をバランスをとろうとする身体本来の力によってほぐして自然な状態に戻します。

これによって骨盤・背骨・手足の関節、筋肉をほぐして歪みを整え、 安定した良い姿勢をとりもどし、手足の動きをよくします。
そしてこの状態で行うトレーニングはそうでないものよりも消費カロリー、姿勢の獲得といったトレーニング効果が高まります。

正しい動き、正しい位置、正しい順番で動くことがしなやかな身体、しなやかな動きにつながっていきます。

トレーニング手順

①骨盤と胸郭の歪みを整える
一本歯下駄を使うことで大きな筋肉と小さな筋肉の関係性を整えていきます

♢一本歯下駄四股、⑴片足交互あげ⑵上下⑶上下ジャンプ⑷覗きこみ

♢一本歯下駄腕当て伏せ

♢スパイダー 又は ゴムバンド腹筋(理想は立ち姿勢で腹筋を鍛える)

♢バリステイックジャンプ

筋肉がつく刺激を与えると共に柔軟性を高めることで②で行う有酸素運動の効果を高めます
。関節の歪み、筋肉の歪みを早期に矯正することがトレーニング成功の秘訣です。

②正しい動きを手に入れる
一本歯下駄を使うことで普段の生活そのものの動きが変わるのでトレーニング以外の時間も身体をリニューアルする時間へと変化していきます。

(導入)一本歯下駄昇段運動 一本歯下駄に慣れていないときは昇段トレーニングからはじめてみましょう。

正しい足のあげ方と体幹の使い方、足指や足のアーチを整えていくための着地方法を脂肪を燃やす有酸素運動の中で獲得していきます。
最初に数週間は一本歯下駄昇段運動で走り方を獲得することでこれからのステップである縄跳びやランニングの効果が高まります。

(中期)一本歯下駄その場駆け足縄跳び
正しい動きと共にリズム能力を培います。一本歯下駄縄跳びで踵で踏む、膝を抜くという専門的動作もあまり意識せずとも知らず知らずに獲得できる人もいます。

(後期)一本歯下駄ランニング
一本歯下駄で思うままに走るのもオススメですが下記の方法で走ると疲れない、心地よい走り方の感覚を掴んでいくことができます。
膝と膝をゴムバンドでくくり、手のひらを交互に紙風船を投げるようにして手で身体全体をリードするように走ります。

③一本歯下駄でクールダウン(トレーニング後やお風呂上がり、寝る前に)
ヨガやピラティス、ストレッチに一本歯下駄を加えることでより多くの筋肉を効果的に伸ばし、ほぐしていくことができます。

一本歯下駄トレーニングでは、関節の歪みを整えそれにより正常で円滑な運動が出来るようになる一本歯下駄の効果を持続させるために、スタビライズで筋肉を鍛え最良の筋活動パターンを再学習します。スタビライズによって関節がより頑強なものとなり、正常な運動が維持できるようになったら、さらに関節への負担を減らし、高いパフォーマンスを発揮するために、コーディネートを行います。

正しい動き、正しい位置、正しい順番で動くことがしなやかな身体、しなやかな動きにつながります。

【一点歯下駄女性向けトレーニング】

仰向け腕立て伏せ

ボックス 雑誌プランク サイド真ん中サイド
ツイストスクワット

GETTA昇段運動 又はランニング 背中クリロナゴム付き

背中は腕振りマスターで鍛える
二軸養成ギブスも推奨

 

ピックアップ記事

関連記事一覧