今までのトレーニングと一本歯下駄トレーニングの違い

宮崎要輔ブログ


ライザップをはじめとした今までのトレーニング

・筋肉をつけて脂肪を燃えやすくする
・きつい(ストイックが求められる)
・単一の筋肉に働きかけることで筋肉を肥大させていくが総合的には筋トレの他にストレッチやヨガなどの色んな運動が必要
(専門家が常にいないと体に無理な負荷をかけてしまうアンバランスな筋肉のつき方、体型になることも)
一本歯下駄トレーニング

・総合的に筋肉をつけた上で筋肉の連結が身につきトップアスリートの身体の使い方と動きができるようになり、より脂肪が燃えやすい身体になるとともにしなやかな身体になる。
・身体が整って気持ちいいから続く (ユーザーが身体も脳も喜んでいるのがわかるから自ずと続けたくなる)
・沢山の筋肉と神経に働きかけ関係性を構築していくトレーニングなのでストレッチやヨガの効果も一本歯下駄での腕立て伏せやスクワットといった従来だと筋肉を硬くされると思われていた筋力トレーニングで同時に獲得できる
一本歯下駄によって自宅で自分パーソナルトレーニングがでます。